利用者が安心して通えるクリニック設計|安全性を考えた建物づくり

お得に利用する方法

エレベーター

マンションに設置しているエレベーターは年数が経つと、故障や事故を起こす危険性があります。そのためそれを未然に防ぐためにも、定期的に点検が必須となるのです。エレベーター点検にも様々な契約法があるため、知っておくとよいでしょう。

Read More..

契約内容の種類

昇降機

エレベーターの点検を行なう際にはメンテナンス会社に依頼する必要があります。会社では、様々な契約内容や種類があり、内容によっても大きく違ってくるのです。事前に内容を知っておき、利用しやすいものを選ぶとよいでしょう。

Read More..

安全な運行を守るために

エレベーター

エレベーターを利用する上では、利用者の安全性と便利性が重要なポイントとなり、これを守ることで安全な運行を機能が維持できるのです。そのため、きちんとした業者で保持作業を行なってもらうことが大切となります。

Read More..

業者はきちんと選ぼう

治療室

エレベーターの保守業者を選ぶ

エレベーターの保守を行なっている業者には、大きく分けてメーカー系と独立系があります。メーカー系は自社のエレベーターしかメンテナンスしませんが、製品については熟知しているので安心感があります。独立系はほとんどの会社のエレベーターを保守点検します。たいていのメーカーの部品は取り揃えていて、費用もメーカー系より安い傾向があります。エレベーターの保守点検は建築基準法で義務付けられています。定期点検は建築士または昇降機検査資格者が行わなければなりません。有資格者の数は、業者の実力を見極めるポイントのひとつです。また事故や災害などの緊急事態に、24時間365日のサポートをしてくれるかどうかも、業者選びの参考になります。

効率的なメンテナンスとは

エレベーターの保守を効率的に行なうには定期点検のほかに、遠隔監視システムや遠隔診断システムを導入する方法もあります。このようなシステムは故障はもちろん故障の前兆となる小さな異常を検知して、事故を未然に防止する働きがあります。エレベーターの一般的な保守契約は、定期点検と消耗品の交換のみを行ないます。これに対してフルメンテナンス契約は、定期的に部品を交換して予防保全に努めます。直接的な費用は後者のほうが高くなりますが、エレベーターの劣化を防ぎ耐用年数を延ばす効果があるので、結果的にはコストダウンに繋がります。エレベーターの故障は重大な事故の原因になる危険もあるため、不具合が発生する前に保守するのが最善策です。

しっかりと話し合う

エレベーターはマンションや施設などに設置されており、様々な人に利用されています。新しく病院を開業させようとクリニック設計を行う人もいますが、エレベーターを設置する際には、きちんと保守を行なう必要があります。そのため、業者をしっかり話し合ってクリニック設計を行ない、エレベーター保守も導入させるようにしましょう。